小型ミニバンのさきがけ

ストリームの査定ナビ > ストリームとは?

ホンダのミニバン・ストリームとは?

ストリームはホンダの5ナンバーサイズでステーションワゴンタイプの3列シート7人乗りミニバン。

ミニバンといっても背の高いワンボックスではなく、背が低く幅広のオデッセイの小型版といった位置付けのクルマとなっています。

2000年に登場し、10カ月間で累計の販売台数が10万台を超える、ホンダのミニバンとしては記録的なヒット車種となり、小型ミニバンという新しいジャンルを作り上げました。

その後トヨタのウィッシュなどのライバルも登場、5ナンバーサイズで3列シートの小型ミニバンはその使い勝手の良さもあってますます注目のカテゴリーとなりそうです。

2006年7月に登場した2代目モデルも初代と同様、全幅1700mm以下をキープ、ホンダのミニバンの特長のひとつ低い全高もそのままのスポーティなパッケージで登場しました。

初代に比べて全高が45mm下がったことで、ほとんどのタワーパーキングで利用可能になっただけではなくホンダの低床技術で室内空間の広さは確保、3列目シートの居住性も上がっているなどさらに使い勝手を向上させています。

価格は182万円から、そしてエンジンの設定も1.8Lと2Lということで、流行のコンパクトカーよりも1〜2クラス上のクルマとなっています。

スポーツグレードのRSZは5速ATのパドルシフトが付くなどホンダらしいスポーティなグレードや2列5人乗りのステーションワゴンタイプなども用意されファミリーユースでも個人ユースでも便利になっています。

2009年6月にマイナーチェンジを行い、前後のデザインを変更、エコカー減税に適合させるなどの改良を行っています。

マイナーチェンジから1年以上経過しそろそろモデルサイクルも後半にはいる時期となったストリームですが、エアウェイブが廃止されることでホンダ唯一のステーションワゴンタイプの車となっています。

ストリームの無料査定ならカービューで決まり

カービュー

【愛車を高く売るために必須の一括査定サービス】
あなたの愛車を少しでも高く売るために活用してほしいのがクルマ情報専門ポータルのカービュー。クルマが好きな方なら今までに必ず一度は利用したことがあるはずの日本最大級のクルマ情報サイトです。新車の情報や試乗記事、自動車関連のニュース、評論家のコラムなどの読み物の記事も充実し、さらにクルマのSNSサイトのみんカラや車種別掲示板ではその車に実際に乗っている方のドレスアップやレビューなども豊富にそろっています。さらにカービューは車を売る、買うというサービスまで提供。今いちばん注目されているのが中古車の一括査定のサービスです。これはガリバーやビッグモーター、カーセブンなどの大手の買取店からあなたのお近くの個人経営のお店まで参加しているカービュー車買取ネットワークが提供しているもので年式・走行距離・グレードなどの条件を入力するだけで複数の買取店に一括してあなたのストリームの買取査定の申し込みができるというもの。業者による競争入札なのでギリギリまで高額見積もりを引き出すこと可能。入力はインターネットを利用して3分で完了するという手軽さもあってますます注目を集めています。あなたの愛車を高く売るならカービューを活用するというのはもはや常識です。