NISAって確定申告が必要になりますか?手順はむずかしい?

NISAと積立NISAの違いについて簡単にいうと、現物株や様々な投資信託が扱える通常のNISAと違って、投資可能な商品が限定されています。

積立NISAは投資信託のみになりますが、中でも分配金が頻繁に支払われるタイプではないという特徴を持っていて、販売手数料がノーロードであること、場株式投資信託ETFであることなどに限定されています。

また、投資上限についても年40万円までと決められています。

その代わり非課税投資枠が20年間まで最大800万円までとなっています。

通常のNISAと併用することはできませんのでご注意ください。

契約済みのNISAを別の証券会社や銀行に変えたというケースがあると思います。

1年に1回限り、変更が認められるようになりました。

また、通常のNISAをつみたてNISAに変えたい場合(その逆も)があると思いますが、こちらの手続きも同じように、1年に1回変更することができます。

ここで心配になってくるのが、変更前に購入した株や投資信託が、変更時に強制的に解約する必要があるかどうかだと思います。

しかしその点は大丈夫なので安心してください。

前年度に買ったものはそのまま持ち続けることが可能です。

もちろんNISAという枠組み自体の制限はあるのでその点は注意が必要です。

NISAは非課税という最大のメリットがある一方でデメリットも存在します。

1番のウィークポイントは損失の繰り越しができないということです。

含み損のある状態で期限を迎えた場合、証券会社であれば特定口座か一般口座に引継ぎとなりますが、NISAの場合口座へ引き継ぐ際、手数料こそかかりませんが、引き継いだ額分、新たに買ったということになります。

50万で買った株が引き継ぎ時に25万円になってしまった場合、口座へ引き継ぐ際には新規で25万円で買ったという扱いになり、株価が上がって30万円で売却したとすると、25万で取得したものが30万円で売れたということになって所得が出たと判断されるのです。

ですから実際に引継ぎをする場合でも含み損がでていれば一度決済してから買い戻すのが現実的かもしれません。

そういう手間や手数料といった意味での総合的なコストが実際的なデメリットと言えそうです。

NISAで取引可能な商品はというと、ざっくりと分けて、株と投資信託、ワラント債というものがあります。

株と一口に言っても、リスクが高い信用取引は含まれませんし、比較的低リスクと言われる債券についても対象外になっています。

外貨MMFなども含まれていませんし、情勢不安の際でも安定している金やプラチナなど先物やオプションも対象外です。

FXなどのハイリスク型の商品ももちろん含まれません。

NISAが生まれた理由ですが、日本人は預金する傾向がとても高いため、その分を株式投資にまわすことができれば経済全体が活性化するのではと考えられてのことだそうです。

つみたてNISAという仕組みが後から生まれたことから鑑みても長期的に投資資金に回されることが狙いのようですね。

NISAで1万円から始めたいという需要は少なくないようです。

貯金だけでも仕方ないしいくらかは投資してみるかな。

といったことはよく言われていますが、実際には少額投資には少額ならではのリスクがあります。

株式取引を例に考えてみますと、株ってやろうと思った人には分かると思うのですが結構大きな額が必要です。

こうなってくるとお金があることが実質的な条件になってきますし、一社をこれだと思って選んだとしてもそれが正しいかどうかはなってみないと分からないですから、ある程度の資金があるとしてもやはり機関投資家ではないので限界はあるわけです。

投信であればバランス投資を実現できますが仕組み化している分若干ですがコストが増えてしまいます。

NISAによる資産形成の話は、資産運用界隈では良く耳にする話題ですし、雑誌などでも見たことがあるという人も多いかと思います。

ですが実際にやってみるかは難しい問題ですよね。

預金金利が低いから預けておいても増えないからこれからは投資だといわれても、増えないからといって減らしたいわけじゃありませんからね。

私たち一般人が日常の生活にちょっとプラスして、投資を始めてみようと思ったときに最初に考えるべきなのは、リスクがどうかではなく、何のためにやるのかという目的をきちんと見定めるということです。

老後にまとまったお金が必要になるかもしれないと感じたなら、まずは数年先の未来を想像してみることをおすすめします。

将来に求められることをやっていそうな企業を見つけて株を投資したり関連する投資信託を選ぶなど目的に合わせて投資を考えてみましょう。

NISAにはロールオーバーと呼ばれている仕組みが存在します。

NISAには最長5年という条件があり、5年経過した後に、その年の新たな非課税枠を使用し、その状態のまま移すことをロールオーバーと呼ぶのです。

NISAの投資枠は毎年120万円と決まっているのですが、購入した金融商品が120万円を超えている場合でも、ロールオーバーが可能です。

ジュニアNISAの仕組みについてもロールオーバーの扱いについては基本的には変わりはありません。

ただ、NISA自体が2023年までの仕組みですから、これから運用を始めるという人にとっては、ほとんど関係ないかもしれません。

非課税という響きが魅力的なNISAのおすすめはどれでしょう?あなたが投資をするという経験が今までなかったなら、まず最初に必要な知識はNISAがどうこうではなく、投資が預金と大きく違うのはリスクリターンについて考える必要があるということです。

預金より投資のほうがリスクが大きいという比較してどうかという話ではなく、起こりうるリスクがどうやって現実化していくのかというメカニズムを知ることです。

株について言えば会社の業績や先行きなどが株価に影響を与えます。

投資信託は比較的身近な金融商品として知られていますが、ファンドがどういう方針で投資先を決めているかということや景気変動との関係性についての理解は必要かと思います。

その上でもう一度投資に対する考え方を整理しなおしてみるといいでしょう。

NISAで投資信託を行うのは初心者と言われています。

その理由は、投資額が低額で済むからです。

現物株だと、1単元につき数万円から数十万円程度となりますので、多くの銘柄に投資するということはできません。

一度に高額を投資するという点で心理的ハードルも高いです。

それとは別に、投資信託は複合的な金融商品のため、資金が制限されているNISAであっても分散投資が可能です。

予算があまり取れない方にもおすすめです。

プロに運用してもらう場合、信託報酬などが必要になってきますのでその点は理解が必要です。

NISAでは5年後という言葉には大きな意味があります。

というのもNISAでは最長5年間というルールが設定されているからなんです。

期限が切れたらそこでおしまいというわけではありません。

その時の時価で株や投信を一旦売却することができます。

それから翌年のNISA枠にスライドさせるという方法もあります。その場合には確定申告が必要になることがあるかもしれません。

参考:NISAは確定申告不要なの?【必要な場合があるって本当?】

通常の証券口座で運用を続ける方法もあります。

NISAの枠組みをどの程度活用するのかは、その人の考え方によって違うと思いますので一概には言えませんが、損をそのまま引き継いで証券口座で運用した場合、損益通算ができないため結果的にマイナスとなる可能性があることは覚えておきましょう。

NISAとジュニアNISAは何が違うのかご存知ですか?通常のNISAですと、自分のために口座を開設してお金を出し投資していくことになります。

ジュニアNISAはというと、0歳から19歳までの子供や孫などために、親権者などが代理で運用していく仕組みとなっています。

ジュニアNISAには、NISA口座が開設できない未成年のための仕組みという面と、子供や孫の備えという面の二つがあります。

ジュニアNISAは原則18歳まで払い出しをすることができないという制限があり、20歳になりましたら、自動的にNISA口座に変更されます。

制度終了後に非課税期間を満了したとしても、20歳になるまでは金融商品を非課税で保有し続けられるというのは大きなメリットですね。

投資に興味があるという方は、「NISAのはじめ方」から勉強してみてはいかがでしょうか。

始めるだけであれば、ゆうちょや銀行の支店などでもはじめることは可能です。

とはいえ、本当に「ただはじめるだけなら」ということになりますので、しっかりと収益を上げたいと考えている方には、ネット証券を利用することを強くおすすめします。

基本的に銀行やゆうちょといった身近な金融機関で販売されているのは、ローリスクローリターンの金融商品となります。

悪くはないのですがそれしかないというのがちょっと気になるところ。

独占の金融商品に興味があるとかでなければ、手数料が安くて取扱い商品も多いネット証券が安定の選択肢といえます。

NISAのリスクは主に2つあります。

1点目は、NISAの仕組みが抱えているリスクです。

NISAは利益に対して課税されないという性質がありますが、損失がでたときに損益通算ができないというデメリットがあります。

これは源泉徴収ありの特定口座でも同じですが、NISAで用心しなければいけないのが5年間という非課税期間の期限の確定申告がついている点です。

満期までに通常の口座に移動させることはできるのですが、その場合、含み損が発生していたとしても考慮されないのです。

一度処分した後、再び買い戻したりする必要があるかもしれません。

そしてもちろん金融商品ですから、商品自体がもっているリスクも考えなければいけません。

NISAの口座開設と確定申告を考えているなら、まず最初に検討すべきことはどこを利用するかということでしょう。

NISA口座は一人につき一つしか持つことができませんので、対応している金融機関の中から厳選する必要があります。

一番有力な候補としてはやはり証券会社ですね。

数ある証券会社の中でも、特にネット証券は手数料が安いのでおすすめです。

単純に安いだけではなくキャンペーンなども合わせて比較するといいですね。

例えば売買にかかる手数料がかからないというものもありますし、キャッシュバックキャンペーンなどを行っている場合もあります。

投資金額によっては、キャンペーンを重視するというのも有用です。

NISAに失敗してしまうのはどのような原因があるのか気になりますよね。

大きく分けると、まずはNISAの仕組みによって起こるもの、金融商品自体がそのもののリスク、NISAの仕組みによるデメリットを無意識的に避けたいと思うことで非合理的な行動をとってしまうことの3つです。

NISAの仕組みによる失敗について説明すると、非課税期間終了時の確定申告はに含み損が生じていた場合に、そのまま通常口座に移行し幸か不幸か株価が値上がりしてしまうと、含み損が出ていた時の金額が基準になってしまっているので利益がでたと判断され課税されてしまいます。

金融商品自体がもっているリスクというのは、NISAに限ったことではなく、値下がりしたら損するということです。

NISAの仕組みによるデメリットを避けるがゆえに起きるリスクというのは、NISAの枠が120万円だからその間におさまるように投資先を考えるといったタイプの思考法のことです。