住宅ローン審査通るには?

住宅ローンの審査は、住宅ローン申し込み者が本当にお金を返してくれるのかを、経済面や個人の信用面から分析します。
そのため、勤務状況や収入の確認は厳重に行なわれます。
まず、勤続年数や正社員か契約、派遣かという勤務形態が重要視されます。
勤務先は大企業や公務員など安定した会社のほうが評価は高いですが、評価の占める比率はたいしたことはないようです。
それよりは勤続年数と年数が問われます。
勤続年数は3年以上、年収は300万円以上あれば審査は有利になります。
又、住宅ローンの借入時と完済時の年齢も重要視されます。
特に完済時の年齢は、定年退職時の年齢よりも若い方が有利です。
又、担保となる物件の評価と融資金額は大きく関係します。
なるべく多くの頭金を入れれば借入金額が減らせるので、担保評価にも余裕が出ます。
ソニー銀行がおすすめな人は?金利のメリット!【借り換えはどうなの?】